• 2011.10.27 Thursday
  • スポンサーサイト
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • - | - | - |



今年はお酢な気分なので
久しぶりにフルーツサワーを作りました。

でも、ただイチゴだけじゃ つまらない。

こういうときに すぐ実験したくなるのが私です

で、考えたのがイチゴとバラの組み合わせ。

最近、デパ地下で薔薇のお酢を見かけたことを思い出し
イチゴに ストックしていたドライのオーガニックローズを
組み合わせてみることにしました。

        

花びらをばらした方が香りが立つかな?と思いましたが
とりあえず今回はつぼみのままガクだけを除いて加えてみることに。
(実験ですから、いろいろやってみよー)
       
どんな香りのフルーツサワーになるでしょう?

2週間後が楽しみです。

主張しない程度にふんわりと
バラの香りが感じられたら大成功です

***
お酢は肝臓にいいんですよ。
なので、お酒を飲まれる方にフルーツサワーはぴったり♪
・・・。
えっ、これ私のことじゃありませんから!^^?



ここ何年か、化粧水は、基本、手作りしています。

絶対手作りじゃなきゃ!というストイックさはありませんので
時々、市販のものに浮気したり、もらったサンプルを使ってみたり・・ですが
結局、自分で作った化粧水に戻ります。

だって、肌がほっとするというか、すごく使い心地がいいんだもん

私が化粧水を作るときに、化粧水のもとになるのがハーブチンキなのですが
昨日、化粧水を作ろうとして、手元のチンキが残り少なくなっていることに気が付きました。

うーむ、あと3回分の化粧水しか作れないかも。
チンキの仕込みには2ヶ月くらいかかるので、これは大ピンチ☆です。

というわけで、夕べ、遅くにチンキを仕込みました。

チンキは、ハーブの有効成分をアルコールに浸出させたものですが
これから1ヶ月あまり、ハーブの有効成分がよく出るように
日当たりのいい場所に置いたこの瓶を(↓)上下に毎日よく振ります。 

そして、2−3ヵ月後にハーブを漉したらチンキの完成!
保存がよければ3年は持つと言われています。

               
              これは今朝の写真ですが、
              一夜明けただけでもかなり成分が浸出しています。
              見た目はだいぶ怪しいですね〜

今回はミントベースのメディカルハーブと
もうひとつはちょっと冒険して1枚目の写真のハーブと2種類を漬けてみました。
(中身はナイショ^^)

ミントはOKだと思うけど、もうひとつのはどうかな〜?
これはちょっと実験なので、2ヶ月後の出来上がりが楽しみです



昨日は ご縁あり アロマテラピストの先生に
リップクリームの作りかたを教わりました。

普段から、石けんや化粧水は作っていますが
リップクリームは作ったことがありませんでしたので
すごく楽しみにしていました。

そして、作ってみて、あらビックリ。
とても簡単だったのです〜。

手作りコスメの場合、作り続けられる簡単さって
大事なポイントですよね。

材料もシンプルで
ミツロウ・カカオバター・椿油・バラの精油のみ。
口に入って安心なものばかり。

使い心地が○で、安全で、しかも簡単となれば
作らない手はないでしょう^^

今回はバラの精油を使いましたが
ネロリやラベンダーでも作ってみようと思います

       
       Sさん手描きのバラシールを貼って素敵に変身♪
       K先生、Sさん、ありがとうございました♪

       

普段、お料理には、クリステルルクルーゼの鍋を使っています。

これらの鍋を使ったことがある方はご存知だと思いますが
どちらの鍋も鍋つかみは欠かせません。

慌てて素手で掴もうものなら火傷してしまいますから^^

というわけで
日々のお料理に鍋つかみは欠かせないものとなっているのですが
いくつかある鍋つかみの中で一番気に入っているのがコレ↑

自分で作ったものですが
実はこの布地はもともとタンクトップでした^^

このタンクトップ、薄いパイル地でできていて
肌にさらっと馴染んでお気に入りでした。

でも、ちょっとくたびれてきたかな〜と思った数年前に
柄も好きだったから捨てられなくて 鍋つかみに変身させました。

       
       布でキルティング用の薄い綿をはさみ
       パイピングしています。
       ポイントは厚くしすぎないこと。
       熱が伝わらない程度のこの薄さが
       使いやすさに繋がっています。

今となっては、もしかすると、タンクトップだったときよりも
大活躍しているかもしれません^^

この変身は大成功。
とても使いやすいのです。



昨日ご紹介した、ローズマリーの食器用石けんですが
今日、実際に使ってみたところ
洗いあがりが良くて 手にもやさしく 大満足でした。

自分で作った洗剤という安心感
環境にやさしいという満足感に加えて
ハーブのすがすがしい香りが
家事を楽しいものに変えてくれました。

作ってよかった〜♪

レシピについて いくつかリクエストをいただきましたので
ベニシアさんのレシピそのままですが
ご紹介させていただきます。

簡単ですので 皆さんも作ってみてくださいね^^

***
ローズマリーの食器用石けん水

<材料>
ローズマリー 約10cmの枝を6本
純粋粉石けん(無添加のものを!) 1/2カップ
水 1L
 
1.鍋に水とローズマリーを入れ、蓋をして20〜30分間煮出す。
2.少し冷ましてから煎液を漉し、その中に粉石けんを入れ完全に溶かす。



「マジョ〜!?」が口癖のおもろい友人が
素敵な本をプレゼントしてくれました。

「ベニシアのハーブ便り」という本で
英国貴族に生まれた著者の京都・大原での古民家暮らしを
綴ったものです。

ハーブを使った暮らしを楽しむヒントがいっぱいの本で
レシピも豊富です。

ところどころに出てくるエッセイも読みやすく
写真も美しいので
最近は睡眠前によく眺めているのですが
さすが、わが友人。
私のツボをしっかりおさえているんですよね〜。

その本に、ローズマリーを使った食器用石けん水のレシピが出ていて
ずっと作りたいと思っていました。

そして、今朝起きたときに、何故だか「今日だ!」と感じて
ベランダのローズマリーの枝を収穫し(←大袈裟ですね^^)
外出前に作ってみました〜。



ローズマリーを煮出している間中
部屋中にいい香りが漂って気分は最高!
楽しかったです!

ローズマリーの精油は頭脳を明晰にしてくれますから
朝一番の仕事としては大正解でした。

←煎液はこんな感じの色でーす。

と、ここで、遅刻遅刻〜と鍋をそのままにして家を飛び出しました^^;

    さて、帰ってから鍋を覗くと、冷めた石けん水はとろとろに。

    

    容器に詰めてラベルを貼って出来上がりです♪

    手前のポンプは、普段使うためにキッチンへ。
    ボトルの方は、ストックとしてシンク下へ片付けました。   
    ポンプもボトルも無印良品で調達^^

これで、明日からの食器洗いが楽しめそうです。

朝から楽しい魔女仕事でした〜♪

***

友人が関わるNPO法人 「コドモ・ワカモノ まちing」 もどうぞよろしく♪
http://www.k-w-m.sakura.ne.jp/index.html

<<new | 2 / 2pages | old>>
 
CALENDAR
SMTWTFS
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
PROFILE
ENTRY(latest 5)
COMMENT
CONTACT
ご連絡はコチラまで。 yurukoko@space.ocn.ne.jp 
photos by maki*
SEARCH
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
          みんなのブログポータル JUGEM

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.