• 2011.10.27 Thursday
  • スポンサーサイト
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • - | - | - |

ひと寝入りし復活です^^

今日のテーブルドクター講座の薬草は
凌霄花(ノウゼンカツラ)でした。



ノウゼンカツラは、中国原産で
古くから薬として使われてきた薬草です。
日本には平安時代に渡来したといわれています。

暑い夏に華やかな花を咲かせますが
薬になるのは花が開く前の蕾で
蕾を日陰干しにしたものを煎じて飲用すると
痔や炎症に効果あり。

ハーブティーとして出ているものもあるようですが
何でもそうですが、採りすぎれば逆効果ですので
1日10g以上採ってはいけません。

以前も、薬になるものは反面 毒がある
と書いたことがありますが
このノウゼンカツラも毒性を持つ植物なので
触った後は手を洗った方がいいそうです。
生食なんぞはもってのほかです。

花の色は、赤、オレンジ、ピンクと3種類ありますが
色が濃い方が薬効(毒性)が強いのだとか。

そして、その生命力は強く、ツタを木に這わせ、絡みつき
木の栄養をとって枯らしてしまうほどだそうで
先生のお宅では、枯らせたい木にわざと這わせている
とおっしゃっていました

凌霄花の「凌」は「しのぐ」、「霄」は「空」という意味ですが
木に絡みつき、空を凌ぐほど高く高く伸びることから
この名前がついたと言われています。

甘い汁が出るのか 蟻がつきますが
(写真のノウゼンカツラにも蟻がウロウロしていました)
他の虫はあまりつかないようです。

***

ノウゼンカツラの花言葉 : 女性、名誉

女性という花言葉はどこからついたのかしら?
木に絡みつき栄養を吸い取ってしまうほど 生命力が強いから?
などと考えてしまう私でした^^
(ちょっと怖いですね〜)

  • 2011.10.27 Thursday 20:30
  • スポンサーサイト
  • by スポンサードリンク
  • - | - | - |

Comment:
Add a comment:









 
CALENDAR
SMTWTFS
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
PROFILE
ENTRY(latest 5)
COMMENT
CONTACT
ご連絡はコチラまで。 yurukoko@space.ocn.ne.jp 
photos by maki*
SEARCH
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
          みんなのブログポータル JUGEM

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.