• 2011.10.27 Thursday
  • スポンサーサイト
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • - | - | - |


                 梅干しみたいだけど、食べると甘い乾しなつめ。

今日は朝から月に一度のテーブルドクター講座でした。

今日の食材のひとつに 乾した棗(なつめ)がありました。

中国茶のお店などに行くと、乾した棗がお茶うけとして出されることがありますが
私が知っている乾し棗は、ベタベタした蜜煮のようなものがほとんどでした。

でも、今日の棗は違います。
写真でも分かるかもしれませんが、ベタベタ感はなくて
本当に乾しただけっていう感じです。

そして、よーく見ると、白い粉のようなものが吹いているのが見えるのですが
これは良品の証なんだとか。

棗は、冷えや、腎臓、心臓に良いそうです。

今日はこの棗を使った「棗と緑豆のお汁粉」をいただきました。

          
          右上のコップに入ったものが「棗と緑豆の汁粉」
            左下の野沢菜のようなものは「茗荷と豚肉の炒め物」です。

緑豆は解毒作用を持つ優れた食材ですが、身体を冷やす作用があります。
棗は、逆に、身体を温める作用がありますので、このふたつを組み合わせ
冷やす作用と温める作用で上手に中和したお料理が、このお汁粉です。

素朴な、ほっとするようなお味で、すぐに気に入りました。

冬の寒い時期だったら、生姜を加えても美味しいだろうなぁ〜と思います。

そして、この汁粉、驚いたのがその甘さです。

実は、砂糖といった甘味料は一切加えていないのに、とっても甘いのです。

棗のゆで汁を使っているのですが、このゆで汁に棗の甘みが溶け出して
お砂糖が要らないほど。

「お砂糖入っていますか?」と何度も先生に確認してしまったくらいですから。

ところで、この棗のゆで汁には睡眠薬と同じくらいの「睡眠効果」があるらしく
不眠症の人は、このゆで汁を寝る前に100ccほど飲むとぐっすり眠れるそうです。(ただし、カロリーが高いので、カロリー制限をしている方は少なめに!)

というわけで、今、このブログを書きながらも、実はすごーく眠いのです。

茗荷のことも書きたいのですが・・・。

それはまた次回ということで 

  • 2011.10.27 Thursday 16:05
  • スポンサーサイト
  • by スポンサードリンク
  • - | - | - |

Comment:
Add a comment:









 
CALENDAR
SMTWTFS
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
PROFILE
ENTRY(latest 5)
COMMENT
CONTACT
ご連絡はコチラまで。 yurukoko@space.ocn.ne.jp 
photos by maki*
SEARCH
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
          みんなのブログポータル JUGEM

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.