• 2011.10.27 Thursday
  • スポンサーサイト
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • - | - | - |

寒い〜〜〜。
今日は真冬の寒さに逆戻りですね。。。
あと数日で4月だというのに、この寒さはなんでしょう。



そんな中、友達からほっこりするような写真が届きました。

ベランダに咲いた桜にメジロがよく遊びにくるらしいのです。
このメジロ、いつも一緒に花の蜜を食べにくるそうな。

ここだけは春なんですね〜。



この季節になると
必ずと言っていいほどパンジーを植えます。

ベランダが一気に明るくなる黄色いパンジーも好きですが
今年はこの淡いラベンダートーンのパンジーを植えました。

色、グラデーション、形、どれをとっても
パンジーは大好き。

ベランダだけじゃ勿体無いから
小さな花瓶に挿して部屋の中でも楽しんでいます♪



短い期間だったけど
預かっていたニオイサクラの鉢
週末、無事に、英語の先生宅に戻りました^^
うちに来たときに比べると
花は少し減ったけど
まだまだ蕾がついているので
しばらくはいい香りとともに楽しませてくれると思います。

      

      預かっていた間
      ナメクジが出現するというハプニングがあり
      ちょっとへこたれそうになったけど
      元気に咲き続けてくれて良かったよぅ。 ほっ。

      花が一番綺麗なときを楽しませてもらって
      私もとってもハッピーでした♪



先週の台風が記憶の彼方に行ってしまうくらい
この3連休はいいお天気に恵まれましたね♪

連休のある日
友人のJさんと一緒に
八王子にある日本最初の薬学校
東京薬科大学に行ってきました。

東京薬科大学では
春と秋の年に2回
「薬用植物園公開講座と見学会」が開催されるのですが
今回はその秋の講座に参加しました。

学生の頃、八王子は馴染みのある街でしたが
東京薬科大学を訪れたのは初めてです。

いや〜、びっくり。
素晴らしい環境でした!

植物園は約41000
園内には谷と丘陵、池、樹林、温室があり
何時間あっても回れないほど。

パンフによると
野生植物だけでも約500種
栽培植物はなんと2000種もあるそうで
1日やそこらじゃ回りきれません。

園内に響く鳥の声を聞いていると
ここが東京だということを忘れてしまうくらい
豊かな植物園でした。

   
  ☆ブッシュセージ            ☆猛毒!トリカブト

  
  ☆ウコン 
               
               ☆ゴマ(こんな風に実るんですね〜)

   
  ☆センテッドセージ(だったかな?)  ☆バニラ(サヤの中にバニラビーンズがぎっしり)

        
       ☆熱帯温室園の外観(ステキ!)     

                
                ☆温室の中はぽっかぽか
                  熱帯の植物が溢れていました

この公開講座は1994年からスタートしたそうで
今回が第31回目。

ちなみに今回のテーマは以下の通りです。

 第1部:植物の名前に関連した話 
 第2部:五感で学ぶ生薬とハーブの世界

2部では、生薬の人参を使ったちょっとした実験もあり
なかなか楽しい講座でした。

今回の講座で教わったことを
今後の石けん作りに応用させたいなー!と
ちょっとワクワクしています。




今、部屋では「ニオイサクラ」が咲いています。

このニオイサクラ、先日、英語のレッスンで先生のお宅に伺ったときに
ちょうど満開だったものですが
先生がしばらく部屋を空けることになり
「せっかく綺麗に咲いているのに誰にも見てもらえないのは可哀想・・・」
ということで、留守の間、私がお預かりすることになりました。 (責任重大☆)

部屋に花があるのっていいもので
部屋の中にはニオイサクラの甘くて爽やかな香りが漂っています。

花言葉は「優美な人・しとやか」。

例えばだけど、ニオイサクラの花のように
可愛らしさを忘れずに、控えめだけど確実に残り香を残すような
芯のある女性のことを優美な人と言うのかな、と思ったり。

そんなとりとめのないことを考えながら
雨の夜、花を眺めて過ごしています。

先日の散歩中に見つけた椿の実のことを覚えてらっしゃいますか?

椿の実は、あれから毎日少しずつ・・・
だけど、あっと言う間に、変身を遂げました。

1日目で 実にヒビが入り・・


2日目は割れ目から黒い種が顔を出し・・


3日目にはぱっくり!


4日目には中から種が転げました。


この種、植えたら、椿の芽が出るのでしょうか?
けっこうハードルが高そうなので 植えるかどうか迷い中です^^



この暑い中、ベランダのミニバラが健気に咲いていたのですが
あまりに暑そうな咲き姿だったので
切ってお部屋に飾りました。

夏の間は切花はもたないので
部屋の中のグリーンは観葉植物オンリーのことが多いけど
やっぱり部屋にお花があると空気が違いますね。

        
        あ、左側のふたつはもちろん生花じゃありません^^
        レザーと布地のお花でーす♪



今朝の雨はすごかったですね〜。
まさにゲリラ豪雨

今年はレインブーツ(長靴)が流行っているそうですが
激しい雨の日が続くと さすがに長靴が欲しくなりますね〜。
お洒落な長靴を履けば雨の日の外出も楽しくなりそうですから。

そして、梅雨の季節のお楽しみといえば紫陽花です♪

毎朝、通る道に、立派な紫陽花が咲いているのですが
花の色が変化していく様を見るのは本当に楽しいものです。
(紫陽花の色は土の性質(酸性・アルカリ性)で変わるらしい・・)

写真の紫陽花は、テーブルドクター講座
先生のお宅に飾ってあった紫陽花ですが
すごく綺麗な色で(大好きな色味なんですよね〜)
ほれぼれしながら写真を撮ってしまいました^^

講座の内容も楽しいけど
実は、毎回の花あしらいが かなり楽しみな私です。

***

ネットで紫陽花の花言葉を調べていたら
日本とフランスでは少し解釈が違うみたい。

      日本   →     移り気
    フランス → 忍耐強い愛情

同じ花を見ていても 見る側の感性で違ってくるんですね。
面白いなぁ。

さて、あなたはどちらですか? 笑

今日は久しぶりに平日のお休みでした。
うれじ〜。涙

        

        水で割ったストロベリーローズサワー
        目を覚ましたら
                新聞にゆっくり目を通し



まん丸のホットケーキを焼いて
腹ごしらえを。

楽しい休日の始まりです^^

洗濯や掃除を済ませたら
先日のトネリコを大きな鉢に植え替えてあげました。

      

      1週間部屋の中でがまんしてもらっていたけど
      今日からやっとのびのび太陽を浴びられます。

  
                     みんな、元気に育ってね!

***

明後日の21日の日曜日は夏至ですね。
そう、夏至といえば キャンドルナイトです!

日中たっぷり充電したので これからキャンドル作りまーす☆彡



昨日、とある商店街を歩いていたときのこと
植木屋さんの前に並んだ苗に目がとまりました。

タグを見ると「トネリコ」とあります。

うーん、どこかで聞いたことのある名前。
なんだったかな?
と、思うと同時に、両手でしっかと苗を抱えていました。

直感ピピピっ → 連れて帰ろう! って。 笑

植木屋さんのおばあさんがニコニコして言いました。

「大きくなったらおばあさんに見せにきてね♪」

私 「大きくなったら連れて来られないかも・・・」
(だって、ここまで電車をふたつも乗り継がなくちゃいけないんです)

「写真でもいいからね。楽しみにしているわ♪」

私 「はいっ^^」

今、20cmあまりの苗ですが、上手に育てば大木に育ちます。

ふふっ。 楽しみだな。

さて、家に帰った私は、慌ててある本を開きました。
トネリコのことを調べたかったのです。

ありました。ありました。

トネリコは、北欧神話「エッダ」の中で、天空と大地を支える宇宙樹です。
3人の運命の女神が、知恵の泉から毎日毎日水をくんで撒いてくれるので
枯れることがありません。
そして、最終戦争の後、その幹の中で生き延びた男女が人間の始まりだった
と語られています。
北欧の神々は今も、人間に運命を手渡すためにトネリコから旅立つそうです。

ところで、トネリコは 「直感の樹木」 とも言われているのだとか。

直感ピピピっ → 連れて帰ろう! は
トネリコからのメッセージだったのかもしれません。 笑

あぁ、早く大きな鉢に植え替えてあげなくちゃ。
待っててね。


<<new | 1 / 4pages | old>>
 
CALENDAR
SMTWTFS
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
PROFILE
ENTRY(latest 5)
COMMENT
CONTACT
ご連絡はコチラまで。 yurukoko@space.ocn.ne.jp 
photos by maki*
SEARCH
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
          みんなのブログポータル JUGEM

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.